初めてのベイザー体験記

なぜベイザーを選んだのか

ベイザーのメリットとその他との比較

足はけっこう細いのにお腹だけぽっこりしているのがずっといやでした。
糖質オフダイエットやジムに通ったりしても、お腹のお肉だけなんかとれなくて…。

とうとう脂肪吸引を考えましたが、気になるのは体への負担とダウンタイムの長さでした。いろいろ調べてみた結果、ベイザーなら・・という気持ちがわいてきました。

ベイザーという脂肪吸引は、脂肪を吸い取る管(カニューレ)からベイザー波という特殊な超音波の振動を脂肪に伝え、脂肪を遊離させ吸引をしやすくする脂肪吸引方法です。

超音波で脂肪を遊離させるのでほかの皮膚細胞や神経、血管などへの影響が少なく出血量もかなり軽減され最小ですむようになっています。ですから最も体に負担の軽い脂肪吸引方法なのです。

ベイザーは一番ダウンタイムが短いことがメリットとなっていますが、そのほかにもベイザーは上記でいっているように体への負担が軽いことと、脂肪吸引後の皮膚のたるみも出ずらいということがベイザーをきめる決め手となりました。

その他の脂肪吸引方法も一応紹介しておきます

チューメセント
脂肪吸引ではもっともスタンダードな吸引方法で、止血薬や麻酔薬を生理食塩水で薄めた溶液を脂肪に注入して脂肪を吸引する方法です。2~3週間程度の皮膚の腫れやむくみがあります。

ボディジェット
カニューレの先から麻酔効果や止血効果のある薬剤とジェット水流と脂肪溶解液を一緒に脂肪細胞にあてて脂肪をほかの組織から分離して脂肪を吸引していく方法です。2~3週間程度の腫れや内出血があり痛みもあります。

ウルトラゼット
ウルトラゼットはベイザーの後発にでた超音波脂肪エネルギーです。これはお隣の国韓国で開発された脂肪吸引法で内出血や腫れが2~3週間程度続きます。

このようにいろいろな脂肪吸引方法があるのですが、やっぱりダウンタイムが一番短く体への負担が少ないのはベイザーでした。

© Copyright なぜベイザーを選んだのか. All rights reserved.